BLOG

ブログ

こんにちは、小林です。

私の趣味は、水泳と登山なので、今日は水泳を長い距離でも泳げるコツを2つ紹介します。

この方法で、私は先日5kmを2時間20分で完走させることができました。(平均時間2時間30分)

①ペースを一定に保つこと

長く泳ぐには、自分が疲れないペースで泳ぎ、ペースを速めず、ゆっくりと泳ぐことがポイントです。最初の方で、ペースを上げてしまうと、後半になるにつれて、疲労が蓄積され、ペースが乱れてしまいます。ペースや泳ぐフォームが崩れないように、ゆっくりと泳ぎ、一定のテンポで泳ぎましょう。

②他人と競わない

筋トレをすると同様に、一番の最大の敵は、自分自身です。他人と練習内容や泳ぐペースを合わせていても、自分と他人では、筋力や技術、体力が違うため、一緒に泳ぐのはやめましょう。他人と競う事より一番大事なことは、昨日の自分に打ち勝つことです。昨日の自分より一歩成長できた方のが大切です。自分自身が苦しい状況にいる中で、諦めず、自分を見つめ、立ち向かうことで、体力だけではなく、精神面も鍛えることが出来ます。したがって、他人と一緒のペースで泳ぐことはやめ、自分なりのフォームや疲れないペースを見つけ、水泳を楽しみましょう。

 

 

– この記事を書いた人 –

ARMY藤岡店 STAFF

こ ば

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。