BLOG

ブログ

こんにちは、小林です。

今日は、僕の趣味である山登りについて紹介します。

みなさんは、普段山に登りますか?

群馬県は、海がない内陸県のため、山に囲まれているので、山が多く、そのため日本百名山と呼ばれる山が多い地域です。

山を登るのは、きついイメージを想像されていると思いますが、そんなことはありません。

山にも、難易度があり、筑波山や高尾山など登るのが簡単な山は、ロープウェイで頂上付近まで登ることができるため、初心者の方でもオススメのコースとなっています。

山に登るシーズンはいつ頃がいいのか?

それは、7月から10月ぐらいがベストです。

7月と8月は、夏の季節のため、雪が少なく、山小屋で営業が再開されているところが多く、休憩スポットがたくさんあるので、ほかのシーズンと比べると登りやすいです。また、冬と比べて登山客も多いので、道に迷うリスクを減らすことができます。もし、道に迷い遭難した場合でも、道がしっかりとしているため、救助が迅速に対応できます。したがって、夏が個人的にはオススメです(`・ω・´)b

9月と10月は、紅葉が見られるスポットも多くなるので、夏とは、違った登り方ややハイキングを楽しめるようになります。しかし、夏とは気温が変化し、気温の変化が激しくなっているので、しっかりとした服装で登るようにしてください。

また、登る際は、天候の確認をしてください。雨になっている場合、地面や岩などが滑りやすくなっているため、晴れている時と比べて、難易度がかなり上がります。そのため、雨で登山する場合は、細心の注意を払って登るもしくは別日に登るということを検討しておいてください。

最後に、山を登る際は、万全の準備をお願いします。山の天候は、平地と比べて、急に変わるため、何が起こるかわかりません。そのため、食べ物や飲み物、替えの靴や下着の準備をしてください。それから、登山やハイキングをしましょう。(^^)/

 

– この記事を書いた人 –

ARMY藤岡店 STAFF

こ ば

 

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。